IoTの「I」をカタチに。モノ(デバイス)のサービス化の課題を、一元的に解決

IoTの「I」をカタチに。モノ(デバイス)のサービス化の課題を、一元的に解決

ニフティIoTデザインセンターは、モノ(Things)のサービス化に必要となる「I」=「インターネット側」のタスクについて一元的にサポートし、企業やプロジェクトによるモノのサービス化を支援します。

MM

ニフティIoTデザインセンターについて

ニフティIoTデザインセンターは、IoTを活用して企業の事業課題を解決するプロフェッショナル集団です。
企業が抱える事業課題に沿って、解決策のご提案から実施まで、3つのソリューションカテゴリーで包括的にご支援します。

IoTを実現する際に必要となる「I」=「インターネット側」のタスクはかなり多岐にわたります。
ネットワーク構築、サーバーサイドのつなぎこみなどのテクノロジー面から価値を生むデータサイエンティストの育成…etc。自社ですべて完結させることは容易ではありません。

これらのタスクをワンストップでサポートし、IoT化に取り組む企業やプロジェクトの課題を解決します。
3つのソリューションカテゴリー/ご支援の流れ

IoTデザインセンターを活用するメリット

スピード
コスト

過去のソリューション実績やIoTLabで培った技術を可能な限り「応用」します。またアジャイル開発を取り入れながら、クライアント様の「やりたい」をより早く、より安価に実現できます。

また、パートナー協業エコシステムにより、プロジェクトを一元的にサポートします。

事例紹介

IoTデザインセンターの支援は、サービス企画からシステム周りまで多岐に渡って行っております。ここでは事例の一部をご紹介いたします。

パートナー一覧

ニフティIoTデザインセンターはクライアント様の案件を強力なパートナー企業と共に推進いたします。

アシアル株式会社
沖電気工業株式会社
オムロン株式会社
ぷらっとホーム株式会社
株式会社システナ
テックファーム株式会社
株式会社ユビキタス
MODE, Inc.
トレンドマイクロ株式会社

※1:オムロン株式会社は「事業開発本部 マイクロデバイス事業推進部」がパートナー部門となります。
※上記パートナーは2016年2月18日時点のものです。

料金

ご相談は無料で承ります。
支援させていただく場合の料金は、ご要望や実施する内容に応じて決定します。

料金例)
アプリケーション要件定義/開発:300万円~
サーバーサイドへの接続方式設計および実装:初期100万円~/月額3万円~

ご相談の流れ

ご相談からご支援開始までのおおまかな流れは以下です。
期間は案件により異なりますので、目安となります。

ご相談の流れ
ご相談の流れ